カテゴリー「J おススメなコト・モノ」の記事

2週間経ったよー★

Rimg3068だしが良くでる宗田節

NHKの「あさイチ」でも紹介されてたそうだし
先日はABCの深夜番組で
紹介されてるのを目撃したし
新聞など紙媒体にも
あちらこちらで書かれているらしい
大ヒット商品を
先日お土産でいただきました☆

やっほーい☆ものすごいツボ☆バリ好み品☆です。
(送り主には見抜かれ切っていた)

宗田節が瓶に入ってて
お醤油やソースをなど入れて2週間したら
おいしくなってるぞ!どんどん継ぎ足して使えばいいぞ!
というコトなのですが
やはりまずは基本形で。ですよね。

お醤油を入れて2週間が経過。

Rimg3166お待ちかね。
香りがすごーい!

<1210昼ご飯>
-キノコそば
-白菜と人参の浅漬
-大根ステーキに最後カリフラワーちょい火入れ和え

大根を8㎜位にカットして
今回はごま油で両面焼き目をつけ
コリフラワーを最後ちょっと一緒にして油回してから
昆布パウダーと宗田鰹醤油をかけて・・・

こいつはバカウマです☆だすよ☆☆☆


<蛇足>大根をソテーして食べるの
Rimg3097ホント美味しい。

1204はバターで。
この日はまだ醤油は
出来上がってなかったので
昆布パウダーとお塩少々。
それだけで
こちらも最高においしかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

野口久光さんの遺したものたち

Rimg3114時間がないから
本当はもっとイロイロ書きたいけど
今は書けません。

取り急ぎ緊急の
大オススメ!!!必見オススメ!!!


野口久光 シネマグラフィックス
魅惑のヨーロッパ映画ポスター展
@京都文化博物館

映画が好きな人
ジャズが好きな人
絵を描く人
古い時代が好きな人は
本気で見逃しちゃ~ダメヨ・ダメダメ!絶対ダメ!
なのです。

明日12月7日日曜日まで!
2~3時間作ってください。
必ず映像(2か所あります:30分弱と45分くらいの)もご覧ください!

あと、展示は4階ですが
3階のフィルムシアター横の小展示(帰り道なので必ず通ります)
も合わせて絶対見てほしい!!!

川喜多長政社長とかしこ夫人にも再びお目にかかれて
私の心は激しく震えました。

http://www.bunpaku.or.jp/exhi_special.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

他人セレクト

Rimg3106最近
私が図書館から順にお借りしている
漫画3種…

-ちはやふる
-図書館の主(あるじ)
-よつばと! 

『ちはやふる』は
マンガ大賞2009やら
このマンガがすごい!2010第一位とか
燦然と世間で輝いている漫画のひとつなので
ここ数年ずっと気になっており
随分前に図書館で予約した一巻が
やっと10月末にやって来て読み始めております。
昨日3・4巻も届いて読むのが楽しみ。
(ちなみにT家より図書館までは歩いて5分もかからない距離です!
ちょっとした自慢!!!)

『図書館の主』はFBで
フランスのある本屋さんが投稿してられた記事を読んで
「へーそんなマンガあるんだ」と私☆逆輸入。
もしくはヘンテコたとえで
「負うた子に教えられ」た気分になり
図書館で検索したら…アリマシタ!

児童文学図書館司書が主人公の物語なので
たくさんの児童文学が話の流れで出てきます。
懐かしい本を再度読みたくなる
へえこんな本もあったんだねーと発見もある
なかなかマジメで好感持てる路線と思いながら
読み進めています。

『よつばと!』は
先日一緒に仕事した24歳男子君に教えてもらったのです。
彼は真剣にマンガ家志望だったようで
「コレいいヨー」と思いつくのをいくつも紹介してくれました。
お互い紹介し合って盛り上がったのでした。

どんな漫画かは全然聞いてなかったので
図書館であったから予約して受け取り
表紙をみたら
「コレは絶対自分では選ばないな」という印象でした。

読み始めても
「コレはなかなか子供向き作品?」と
軽く見積りつつだったのですが

読み進むうちに
「あらら!これは!かなり凄いんじゃい!」と
毎回の展開に驚くばかりです。

K君ありがとう!K君セレクト楽しんでます!
私のオススメも読んでくれてるかな…
(ブログ読んでてくれるかどうかわからないけど…)

マンガ以外でも
他者の言葉に耳を傾けること
他人の意見を取り入れること
ここ最近務めて気を付けるようにしています。
(もともととかく自分で決めちゃうタイプなので・・・)

そうすると
自分では気づかなかったこと
知らない世界に導かれて
素敵な展開になることがあるのです。
なかなか面白いです。

もちろん他人セレクトだけど
この人が言うことを取り入れると
決めているのは自分なんで
実は結局のところは
自分セレクトなんですけどね♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

鯛せんべい

Rimg3019「久美浜(京丹後)で
昔からある
鯛せんべい」

といただいたお煎餅は
パリンとかじれば
とーってもかまぼこのお味と香り☆

初めてな感じでとっても不思議&美味しい。

あっという間に無くなっちゃいましたあ(*´▽`*)

日本のあちらこちらに
まだまだ知られざるお味が
スペシャリテがある!
と確信したの巻♪

探検隊よ。いざゆかん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

Percebes

Rimg2891お祝いの宴として
スペイン料理やさんに行きまして
初めて食した亀の手!
ペルセベス!

スペインやポルトガルでも珍味として
愛されているらしい甲殻類の一種。

爪の部分を持ちつつ
皮のようなグローブのようなところをめくると
つるりんとした水管が出てきて
レモンをかけたりしてパクリいただく♪

あらら☆美味しいわ

蟹さんみたい!
蟹さん好きに嫌いな人はいません的お味。


これからも食の冒険者な二人でゆきますぜぃ!


Rimg2897おまけ:マドリッドのビール
Malou
こちらもお初でしたが
好みでした~!

5.5%だけどコク深いタイプ。

生ビールはハイネケンだったし
ワインもシェリー酒も
色々と楽しみました♪

Rimg2894エビのアヒージョも☆☆☆

パンのお代わりもOKで
いい感じのお店:El Fagon

御幸町通御池上る
17-26時(土日祝は15-26時)
075-221-5517

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

雪がわら

Rimg2874今朝のおめざ♪

先日の金沢旅行で
帰り新幹線乗車前に駅ナカのスーパーで
偶然にみつけた自然食品的おかし。

パッケージといい(裏面も昆布や亀がいてとてもよい!)
雪瓦そのものに見えてくるお菓子の姿といい
原材料:砂糖、昆布、小麦粉、でん粉、水飴のみといい

まちがいない!っと・・・ひとめぼれ♪

二つ購入してお味確認する前に
一つお土産進呈しちゃった。
やっとこさ今朝お味見しましたー☆☆☆

やさしく甘くコーティングされた中で
結構な塩気のお昆布さん♪

海の味(*^-^*)
お酒にも合いそう!

おめざしながら
楽しく裏面をよく読んでいたら
製造者の亀屋製菓株式会社
福井県のメーカーさんでした('Д')

まあいいか。北陸三県のお土産ってことで。
よろすく(*≧m≦*)

亀屋製菓株式会社さんの経営理念は
「菓子は人なり よい菓子を創り
世に求められる人となり会社になる」
だって。ええ会社と思う。
社員のみなさん☆がんばってくださーい!

おまけ:雪がわらのひみつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ええやん

今朝起きて林檎をカットしながら
改めて思いました。

「ええやん!」

以上、朝の気分の業務報告です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

1+1>2 と 1+多数=∞ の法則

Rimg2635先月の話ですが久しぶりに夙川へ二度出掛けました。

イタリア北部の古都ボローニャ市で
毎年開催されている
世界で唯一の子どもの本専門の国際見本市

「ボローニャ・ブックフェア」に併設された絵本原画コンクール展」に入選された
務川めぐみさんの作品を
大谷記念美術館の
「2014イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」で愛でるために。

そしてその入選や
ボローニャのブックフェアに実際に行ったことやら
何やら何やらイロイロなつながりやら出会いやらで
行うこととなった
-工藤あゆみさんとの2人展☆DANZA CAPRICIOSA(夕方からはワインコンサート)
-務川めぐみ個展「動物、動物たち考~しゅくがわどうぶつえん~」

を愛で楽しむために。

ご本人が毎日の様子を書いてらっしゃるので
よければ展示前日
から日を追って順に読んでみて下さい。
幸せな気分を共有できること間違いなしであります
(日をさかのぼると準備の様子も読めて
どんどん楽しくなることは確実であります)。

この一週間の
彼女の素敵な時間を過ごす幸せを
私も勝手に共有させてもらえて
とても楽しくて嬉しくて仕方なかったです(ホンマ勝手ながら)。
知恵熱まで出てしまった位なんです!(ホントの話!?余談ですが)


あゆみさんとの二人展では
もう次の絵本は出来たも同然!みたいな展開でした。
きっとお二人でとっても面白い作品が出来るのではないかと
期待が高まります。
そう!イチタスイチハニヲコエル☆のであります。

ワインコンサートも素晴らしかった。

務川さんのトークが
まるでA-studioの鶴瓶さんのようで☆☆☆。

演奏者中島慎子さんと務川さんの出会いが
これまた
イチタスイチガニヲコエテ☆
イタリヤやらワインやらパガニーニの演奏やら
・・・もうミラクルのような展開になっているのであります。
(具体的にはココには書ききれない!
ご本人に聞いて下さい。私にでもいいならいいけど)

そういえば大谷美術館でのビデオ上映でも
ボローニャのブックフェアでインタビューされてる
務川さんのトークは素晴らしく
今後は(も)もっともっと大いに語っていただきたいものだと思いました。

本当に余談ですが
コンサート終わって発熱に気が付いた私は早々に退散。
みなさんとゆっくりできなかったのはとても残念でした。


そして初個展。

開場前から並んだだけあり
ゆっくりさせていただけて幸せでした。
彼女は「考」と
この世界に生息する動物。そして人々はそれらの動物をどう捉え、また接してきたのか。墨、胡粉、水干絵具を版木にのせバレンで摺る。水性木版によって考察した結果を発表します。」と書いておられましたが

動物:対象を見つめる眼差しと
見つめ接し感じたことを
実際に表現する試行錯誤・・・

どれだけの時間と思いと考察を費やしたのだろう・・・って
思いをはせてしまいます。

9月24日のブログを読むと
改めて少し垣間見れたような・・・。

でもね。
そんなことは別に何も考えなくてもいいのです。

Rimg2648作品一つひとつ
その作品の前に立って
だまって
またはしゃべりながら
見て感じて味わうだけでいいのです。

そうやって作品を楽しもううと
沢山の方々が次々といらっしゃって
どんどんと務川さんと楽しく話してる。

そんな光景を眺めているのも
とても幸せな気分になりました。

イチタスタスウハ∞
ムゲンダイノカノウセイヲモタラシテルヨー

って心から思いました。


私も弟さんご夫妻やら
ギャラリーのオーナーさん
来場された務川さんの版画仲間さんたちと
お話が出来て本当に楽しかったです。

ご本人は「煩悩の塊でとか煩悩に振り回されっぱなし」とか
書いてはったけど
冒頭の写真:二人展のプロフィールを読んでもわかるけれど
終始とてもとても細かなところにまで気を配って
心を込めて表現するところ…

私は本当に本当に大好きです。
きっと他のみなさんそう感じてると思います。

そして沢山の方に愛される作品を
これからも作ってほしいのです。

いや違うな。
自分がとても愛する(愛せる)作品を作ってください。

それはきっと
沢山の方々に愛されます。

イロイロ大変なこともあろうけれど
進んで行って下さいにゃ。応援いたします。

Rimg2700サインもらった♪

私とキリン子(務川)さんとの
始まりが通常ありえないような出会いで
イチタスイチガニヲコエタ副産物
なのであります。

友だちになってくれてアリガトネ♪

くふふ。

Rimg2645秋の夙川の空は
すこぶる
気持ちが良かった♪


ありがとー!

| | コメント (7) | トラックバック (0)
|

妄想ニホン料理

TVでは相も変わらず
食べてる番組。
グルメ番組。
料理番組。
とにかく毎日どこかで誰かがもぐもぐってやってますよねー。

私たちも食べることはやっぱり大好きなんで
よく見ておりますけれど・・・。


「孤独のグルメ」のイノガシラさん(松重さん)の食べるだけで
あれだけこちらの目を引き付ける演技は凄いなーと思うし
紹介されるお店も行ってみたいなと思うところばかり。
最近はゲストさんたちも豪華になってきてるようですね。


ケンタロウさん時代はほとんど見てなかったけれど
「男子ごはん」。
心平ちゃんの料理は
かなり納得させられ(わりと私、近いような・・・。
勝手な思い込みかもしれないけど・・・)
役立つ技術も満載。
トークもとっても楽しいです。


でも去年から一番好きだったのは
妄想ニホン料理

過去形なのは
今年の早春だったけ。
(我々には)突然終わっちゃって
{な~ん~で~終わったの??
NHKに再開頼むーーー!まじで===!!!」って
投書せなあかんと思うくらい
毎回毎回素晴らしく、とっても楽しんでました。


色んな国の料理人さんに
日本料理の説明を
言葉のみで極々簡単に(3行ほどで)説明し
勝手に妄想してもらって
新たなる料理を作ってもらうっていう
異文化交流クッキングバラエティー番組なのです。

「親子丼」とか「大福」とか「軍艦巻き」とか
「メロンパン」とか「かぶと煮」とか・・・

料理人さんの持ってる技術やお国柄から生まれる妄想は
一日本人のわれわれの想像を遥かに超えてて
素晴らしい料理がいつも誕生し
こちらのイマジネーションやクリエーション心も
もの凄くそそられるのであります。

まさに異文化交流を
美味しそー♪と
へーそなるのー感心しながら楽しむ
とってもとってもええ番組だったのです。

あー!
また見たいな・・・
まじで投書すべきか・・・と
昨日ふとそんなことを考えて調べてみたら

な!なんと!
10月から2nd シーズン始まるらしいのです!
しかもつい先日発表なったばっかりで!

私の第六感☆冴えてきたかも(こんなことで使ってよいのか)。

第一回放送は10月11日(土)23時半~


ちょっと先だけど皆さん☆忘れずに是非見てみてねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

首を回す

ヨガを始めて丸2年?3年?
どっちだっけ・・・になります。
(12月に始めたのは覚えてる・・・)

可能な限り月に二度。
教えてくださってる先生の
約1時間20分位のメソッドが
流れが
もの凄く好きです。

時々、フルで自分ひとりでやってみよう!
とチャレンジするのですが
未だに暗譜は難しく
「あれ?この後はどうだったけ?」と
<流れ>そのものの復習は出来ません。

なのである時から
<一人で流れ>は今のところ無理だから
気になるところ
思い出したところを
思い立った時に行うパート方式を
普段の生活中では採用しております。


首は息を止めずに回します。
先生は「あごで円を描く様に」といつもおっしゃる。

これが毎回うまく出来ませんで。

ちゃんと首回せてないわー私と思う。

そしてある時
そう言えば自分で首を回す時って
いつも「頭のてっぺんで円を描いてる」なーと思った。


先日ドードーに訊いてみた(体プロ:本業だから)。
「あごで円」と「頭のてっぺんで円」の際
動かされている(ほぐされている)首の骨?関節?の部分は
異なるんだそうです。
(言われてやってみればその通りだった)

「<頭円→あご円>の順に」が良いそうです。

それにしても「あご円」は
今までの人生でほとんど私やってこなかったようで
ホントに難しい。
支点となっている首の骨(または関節)の
ほぐれてない度
つまり具合が半端ない気がする。

「あご円」の練習を続けます。

来年はもっともっと首が回りますように♪

もちろん色んな意味でにゃー( ̄ー+ ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧