カテゴリー「W 金継ぎ・うるし」の記事

来年の課題その1

Rimg2315 今朝
朝食の前に
神様が下さった

・・・いえ、私自らが作り出した

来年の課題。

それにてもキッレーイに九分割☆

Rimg2313欠片がなくならないように
さっそく
マスキングテープで
留めて置きました。


Rimg2316今年は
「欠け」を埋めることしか
してなかったので

いよいよ来年は
「割れ」を繕うのか・・・。

今年のGWに
益子の陶器市で


Rimg2317見つけてから
凄く気に入って

ほぼ毎日使っていた
この湯呑み。

今朝はまた
とんでもなく
ユニークな割り方をしてしまって

Rimg2318 一瞬顔が青ざめて
がっくし。

でもその後パズル作業いそいそ。

目撃者の証言によりますと
「その様子はかーなーりー楽しそうであった」
とのことであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

愛がある。

Rimg2299 先週末の
私のメインイベントの一つ
うるしと金継ぎの作品展
盛況のうちに終了しました。

金継ぎって何かよくわかんないのに
私の強引なお誘いに乗って
年末のお忙しい時期に
足を運んでくださった皆さん。

つくるびるのイベントだから
偶然覗いてくださった皆さん。

Rimg2295ありがとうございました。

私も諸先輩方のバラエティに富んだ
作品をじっくりと見ることが出来て
色々な方とお話が出来て
本当に楽しかったです。

この大きなお椀は3人の娘さんに
ひとつずつ差し上げるために
何年もかかって塗りなおしをされたもの。
毎年娘さんに「もう出来た?」と催促されてたんだそうです。
お正月に間に合ってよかったですね。

Rimg2305この方はドイツのニュールンベルグから
いらしたようなのですが、
「まさか日本でこのような人生を送るとは・・・」
とおっしゃったように私には聞こえました。
「元気な姿に戻してもらって嬉しいよ」とも・・・。
これは金ではなく白漆で仕上げてます。
白漆もいいなと思いました。
なんかアイボリーな感じが合うのもあるなーって。

そう。金継ぎですが別に金に限らず
銀だったり、うるしで仕上げることも可能なのです。
器と相談なのであります(考えるのも楽しや♪)。

Rimg2296中米の国から持ち帰った葉っぱを乾燥させ
和紙と布で補強し漆を塗り重ねたお皿。
和菓子とかのせたら合いそう。

左奥の植物は仏手柑。一年乾かしたものに
漆を塗ったのだそうです。

カラフルなのはマラカスの実。
外側は実そのものの色をいかし
中は色んな色の漆をカラフルにデザイン。
ひときわ目立った作品でした。

Rimg2297「ご先祖様からの宿題」
蔵の箱の中に
割れてかけらもそのままにあったのを
みつけたことが
金継ぎの教室に通うきっかけになったそうです。
お重も大きなお皿も本当に古いもの。
まだまだいっぱい蔵には色々あるんだそうです。
羨ましいなー。


Rimg2293私の器も先輩方の中で
なんだか楽しそうに喜んでました。

見に来てくれた
同僚が「金継ぎをすることで
より価値が高まるような気がした」
と言ってくれましたが

それはどうなんだろか(私の修復技術の場合)と
完全に納得は出来ないまでも
そのような作品もあることは事実だなと。
わざわざ金継ぎをすること前提の陶芸の作家さんもいはるし。

Rimg2292 私がいない時に来てくれた
友人がメールをくれたのですが
彼女の言葉を借りれば
「金継ぎいいね。愛があるねぇ。」

そう。そうなんです。
不具合になったものを直して
また大切に使う。愛がある。

それってほんと
エコじゃないですか。
時代にあってるよね。

だからかな。
金継ぎ教室も各地で増えてる。ような気がする。

うちの先生&教室。イイっすよ☆


ちなみに~
先生の個展
@ギャラリー恵風(丸太町通東大路東入る南側)にて
22日日曜日まで開催中(12-19時 最終日18時まで)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

12/14・15 emi-URUSHI作品展

Rimg2252 キノコハンターの話。

思わせぶりに次回ね♪と書きながら
なかなか書けずに
ごめんなさい。

来週書きたいと思いますので
少々お待ちを♪

なんとも落ち着かない師走らしい師走前半戦を過ごしております。

前にお話していた金継ぎの作品展の開催も
いよいよ今週末となりました。


12月14日(土)15日(日) 10-18時
金継ぎとうるしの教室emi-URUSHI作品展
つくるビル4階一番奥の405室
(五条通新町北西の角)


この作品展Marcche_web_2
つくるビルの一周年記念イベント
オープンアトリエ&マルシェの二日間
の一環なので、
金継ぎとうるしの教室があるアトリエだけでなく
つくるビルのイロイロなアトリエを
気軽にのぞいて遊べるというものであります。

私の作品。
実はこの三点を出すんだー!
と、つけたタイトルにも自分なりにうなずいておったのですが
その3点が・・・ひぃー間に合いませんでした(ノ_≦。)
私の作業がのろいのもあると思いますが
手間と時間がかかるのです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

なので11月に初めて完成させた3点を並べます。
タイトルもあんまり面白くないです。
でもでも!ベストを尽くしましたっ(もう搬入済)!

他の方のは
例えばタイトルが「ご先祖様の宿題」って
つけられてたりします。

お宝がおうちの蔵(?)にいっぱいな方も
いらっしゃるのです。
「いいなー。私もご先祖さまに宿題もらいたかったなー」
などど周りの方のお話を小耳に挟み
心でつぶやきながら
いつも作業しています。

前にも書きましたが
作業中は私は自分のことに必死で
周りを見る余裕が全く無く
作品展を楽しみにしておるのです。

14日(土)は午後1時半すぎ~ラスト18時まで
展示アトリエ・405号室におる予定なので
(少しビル内イベントをふらつくかもしれませんが)

15日(日)は百万遍の手づくり市に朝から参りますが
夕方16時半~17時に再び405号室に参上する予定です。
(ラストまでいます!ハードな二日間だ!)

いらしてくださった方には
5ヶ月のキャリアの範囲内!で
イロイロ金継ぎについて、うるしいついて
ご説明も出来ると思います。


ご関心ある方はどうぞ☆どうぞ☆どうぞ☆

つくるビル巡りでのんびりするも良し。
せっかくの京都だし他にも何かないか?という方への
14・15日情報を以下に。

<14日開催の手づくり市>
平安楽市@岡崎公園 10-16時

マルシェ・ド・ノエル@アンスティチュ・フランセ関西(15日も開催/左京区吉田泉殿町8)


<15日開催の手づくり市>
百万遍の手づくり市@知恩寺 10-16時 ☆トコトワ出没します!


<14・15日やってるお寺などのイロイロ>
・京の冬の旅 大徳寺聚光院 3月18日まで
・相国寺 秋の特別拝観 15日まで
・六波羅蜜時 空也踊踊念仏(かくれ念仏)30日まで
・京都・嵐山花灯路2013 23日まで
・北野天満宮 大福梅の授与 25日まで
・京都駅ビルクリスマスイルミネーション
・北山ウエディングストリートクリスマスイルミネーション
・平安女学院アグネスイルミネーション
・新風館クリスマスイルミネーション
・宮沢賢治と法華経展~雨ニモマケズとデクノボー
 @京都佛立ミュージアム 2月28日まで

もっとあるけどとりあえずこんなもんで・・・
詳しくはそれぞれのHPなどでご確認くださいませねー!

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

美術の時間

本日も3時間びっしり集中してきました。

少し前に
このブログでカミングアウト(?)しましたが
金継ぎとうるしの教室には
今年の7月から月に三度通っております。

昨日会った友人に
「何かわけがあって誰にも言わず隠してたの?」
みたいに聞かれたんですが

いやいやそんなわけではなく
いつか書こう
いつか話そうと思いつつ

お教室に行けば工程をデジカメに収める余裕も
周りの方の様子を観察する余裕も全くなく
毎回必死(!?)の作業過ぎて
先はどうなるのやらの不安などもあり
どうまとめてお伝えしてよいのか
わからなかったから。

というのが正直なところです。

今もまだまだうまくは説明できないし
もちろん<うるしの仕事>の扉を
ほんの少し開けたばかりの私なので
わからないことだらけ。

ベテラン生徒さんたちの作業には
「なにやってらっしゃるんだろおー楽しそー」と
好奇心一杯になりながらも
作業中は近くを見る為
遠くを見る為の眼鏡を外すので
お隣さんの様子もよく見えないし
実際ゆっくり眺めてる時間もないです。

個々にそれぞれの作業を進める中
先生が適時指導して下さるスタイル。
今日は作業しながら
「これって美術の時間だあ~」などと考えて
とっても嬉しくなって一人ニヤニヤしておりました。
(「漆」だから美術ではなくって
工芸の方が正しいのかもしれませんが)

考えてみれば
高校の時は選択科目だったので
「音楽」を選択したので中学校の時以来なんですよね・・・。

本当に楽しい美術の時間。
毎回あっという間に過ぎてゆくのです。


Rimg2146以前チラリお話した
作品展のDMが本日完成♪

つくるビル
一周年記念イベント
12月14日(土)15日(日)オープンアトリエ&マルシェ
の中の一つとして

金継ぎとうるしの教室 emi-URUSHI作品展
両日10-18時開催です!

普段ゆっくり見ることが出来ない
先輩達の作品を見ることが
私、ヒッジョーニ楽しみであります!

また、きっと直前告知しますけれど
「DM欲しいわん!」って方は
atelier_tocotoi☆yahoo.co.jp(☆→@に変更下さい)まで
メールをいただけましたら
お送りさせていただきます。
(一部の方にはメールを頂かなくとも
一方的にお送りします!)

DMには数に限りがありますので
ご関心召された方はどうぞお早めに~!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

継ぐ人

とある占いのような13に分ける人間分類で行くと
私の数字は3で「つなぐ人」らしいのです。

そう言えば布つないで作品作ってるし
人と人をつなぐのも結構スキかも
(仲人とかはしてません!!!)。

それから
別に客観的な人分類はありませんが
私は「割る人」でもあります。

単に粗忽モノで
すぐに我が家の土モノを欠けさせたり割ったりする私。

もったいないけど
泣く泣く処分したものも沢山ありますが

欠けたものの修復を考えていたところ
とても近所で「金継ぎとうるしの教室」を発見。


わる人&つなぐ人☆ついでみよう!
「継ぐ人」になってみよう!って思って

7月から通い始めました。

先生に「いくつも持って来ていいですよ」と言われたことを幸いに
いーっぱい持っていったら
ちょっとびっくりなさってましたが・・・

そして金継(きんつぎ)は
結局漆(うるし)の作業&お勉強だということも
全く知らなかった私は
そういうことだったのぉ~!?と
とってもびっくりしましたが・・・

塗って削って塗って削って・・・・・
塗って蒔いて削って塗って削って・・・・・

(漆の仕事は時間と手間がかかるんです。
現在再放送中「ちりとてちん」でも
塗り箸の手間隙のこと表現されてますが
本当に大変なんです。身を持って知りました)

苦節4ヶ月。
この度持っていった中の一部が
完成致しました。

Rimg2093  ジャーン!

お帰りなさい☆私の飯茶碗さんと仲間たち♪

近くで見ると
素人の私が見ても
もうもの凄くヘタクソなのですが



Rimg2095 でも欠けた形がなんとか補われて
ワンポイントになっている!
(写真の2時55分の長針&短針の先2箇所)

(私には)とても素敵に見え
本当に嬉しいです。

私はこの作業は「修復」と思っていたのですが
12月にこの教室(うるしと金継ぎ)の生徒さんたちの
作品展をする!ということになり

作品を出してください!と言われ
「えっ!!!作品だったの!?」と
またもや、とーってもびっくり・・・。

果たして作品です!と展示できるものが
12月までに出来上がるのか・・・
自分の心配はさておき

いつもは自分の作業に精一杯で
周りを見る余裕も時間もほとんどないので
他の方の「漆のお仕事&金継ぎ」を拝見するのがとても楽しみです。

蔵にあった古いお重やお椀を塗ってらっしゃる方もいらっしゃいます。
私のは作家さんのものだけどまったく高価なものではないですが
古伊万里とか金継ぎしたとかおっしゃってた方もいらっしゃるし・・・

帯止めとかの作品を作ってる方もいらっしゃるとか。

作品展の詳細が決まったらお知らせした方がいいですか?
私のは別に特に見るべきものでは全くありませんが(断言)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|