カテゴリー「H 励まされる話」の記事

we could relly get there...

先週久しぶりに心に留まったもう一曲。
Michael 優しい声だな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Live your story

先週、箱市準備をしてい時に
久しぶりに改めて聴いていい曲だなあと思いました。
来年年明け早々に日本武道館来日公演があるんですね。
VIP席:47,000円って・・・w(゚o゚)w

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ふいに聴こえたハンマーソング



どちら様~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

happy

悲しみは消えるというなら、喜びだってそういうものだろう


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ミオクリモテキ?

先月のこと

古い友人に
「Eちゃん(私)はKちゃん(ドードー)を見送ってあげて。
あたしがEちゃんを見送ってあげる。
私には娘がいるから大丈夫だし」

なんとも力強い支えとなるお言葉を突如いただき
本当に嬉しかったのです。

ありがとう!安心して生きていく。私。

と心から思ったのです。


で、先週のこと。

大人になってからの
でも知り合ってかれこれ14・5年くらいになるのかな
・・・な友人に言われました。

「私は見送られるの恥ずかしいからいいけど
Eちんは見送ってあげる」と。

わあ~!ここにも私を見送ってくれる人が~!!

もう安心しきってのびのび生きていこう!私。と思いました。


それにしても私って見送りたい人?


ドードーにしても
そういえばちょっと前だけど
ある時「見送る」って言ってくれたしなー。

ミオクリモテキ☆かな? 

今だけかもね♪
だってまだまだ随分先の話になりそうだし。

人生はなかなか思い通りにいかんもんだから。


みんなが先になったら
ちゃんとええようにするから安心してや☆

もうすっかり安心して
活き活き生きていこうね♪わたしたち。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

明治44年生まれ☆安藤久蔵さん

昨夜たまたま見た「アド街っく天国」西荻窪の巻で
アロマフレッシュという珈琲やさんが紹介されていました。

店主は御歳なんと102歳(今月には103歳)の安藤久蔵さん。
焙煎されている様子や豆の配達で自転車乗っている姿や
色々と話しておられる姿が映るのですが
どう見ても70歳くらいにしか見えないのです。
後姿はもっと若いかも・・・。

「どういう方なの~?教えて~?」とテレビに叫んだら
すんなり教えてくれました。
<安藤さんヒストリー>が紹介されました。

明治44年生まれ。
慶応大学卒業後大手商社に勤めるも
合わない!と半年で退社。
遠洋漁業に出られ51歳でその職を辞し
大学時代山岳部に入っていたので
また世界の山々を歩くようになった。
ケニア・アンデス・コロンビア・キリマンジャロ・・・。

やがて仲良くなったポーターの人に
「自分達は珈琲農園をやっているのだが
買い叩かれて自分達の儲けは販売価格の500分の1。
作れば作るほど赤字になる。
あんたが直接買って日本で売ってくれないか」
と頼まれて

起業したのは
西荻窪の珈琲豆卸店を始めたのは
85歳。

本当に102歳とは思えないお仕事ぶりお話ぶりで。

ただただ「凄い。凄い。」と言いながら
画面に目が釘付けになってしまいました。
いいもん見させてもらいました。

人生はきっとあっという間だろうけれど
やっぱり長いもんだ。

100歳まで生きれるかどうかわかんないけど
生きるかもしれないものね。

どう生きる?
自分で選んで決めてやるっきゃないね。

ガンバロウ☆ぜぃ

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

お年玉

新しい年2012年が始まりました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


大晦日暗くなってから
街を歩いたり電車を乗っている時に
感じたのは

大晦日にしか感じられない
独特な
何か祈りにも似た空気感。

月も綺麗でした。


宇宙人ジョーンズ(戻ってきてくれてマジ嬉しかったっす)が語るように

「この惑星の住人はただ流れ続ける時の流れに一年という区切りをつけ」


大晦日には新しい年への期待・願いを胸にしているんだなあ~って
そんなみんなの気持ちが
この惑星中の空気にもわもわんとしているんだなあ~って

そんなことを考えながら2011-2012☆年を越しました。


明けて元旦。
穏やかな心地良い一日で。

皆がいい年になるよっていう
神様の優しい気持ちが
(マコトに勝手だけど)伝わってくるようにも感じた次第。


とてものんびりと年を越したように書いていますが
年越しから元旦にかけては
めちゃくちゃハードな我々でした。

dodoと二人で
ほんまようやった私たち
よう年越した私たちって褒めあった位。
(わりといつも褒め合って育て合っている二人なんですが←アホです。)


二日になってやっとのんびり。
今年をガンバル英気を養う
正月休みを満喫であります(本日三日目も)。

お年玉☆イロイロいただきました。
まずはタニタの体重計。
体脂肪や筋肉量・代謝量に加え骨量まで教えてくれる。
そしてより薄く小さくなって
とっても嬉しい!

2012年もしっかり体重を量って
「若返りキャンペーン」を絶賛続行して参ります。
(このキャンペーンについては後日また書きますね)

そして昨日は初詣自転車ツアーを敢行したのですが
(繁盛神社→京都恵比寿神社→八坂神社→菅原院天満宮)

八坂さんの後BOOKOFFにちょいと寄ったら
なんと本の半額タイムセールをやっていて
二人で捜索を開始したら
ええ本いっぱいゲット出来ました。
お年玉ありがとう。ブックオフさん♪

後かぶったら堕落しそうになるほどほんわか帽子とかetc...

…と書いてて…思いつきました。


トコトワからお年玉を贈りたいのです!贈ります!


皆様に!と言いたい心は持ってるんですけど
…それは現実問題として難しいので…

2名様に♪

tocotoiの布モノ・ビーズモチーフ・石けん
つまり全アイテムをセットにして!

①カラフル好み
②しぶ好み

それぞれ一名様にお年玉お送りしたいと思います。


ご希望の方は
atelier_tocotoi@yahoo.co.jpまで
メールでご応募くださいませ。

郵送させていただきますのでお名前とご住所をお忘れなく。

そして以下のうちどれかひとつ(全部でもモチロンいいです!)
お書きくださいませ。

A)トコトワの作品に対するご感想
(お買い上げいただいたものの使い心地や、ブログで見てくださっての感想。また今後のご希望・クレームなどなど)

B)トコトワのブログのご感想
(去年笑えた・心に残ったブログは?もっと書いて欲しいテーマは?
反対にあんまり面白くないテーマは?などなど)

C)トコトワの布モノ係に言いたいこと

D)トコトワのビーズ担当ドードー鳥への一言

E)トコトワのマスコット黒猫:楽へのメッセージ

書いてくださったご感想やメッセージの内容ではなく!!!

厳正なる抽選の上
「上記お年玉」を2名様
そして
残念賞の「お年小玉」
(また書いてて思いついたので内容は今から考えます)を
8名様にお送りします。

どうぞ奮ってご応募下さい。締め切りは1月15日です。


10名も応募あるのかな…
応募いただいた方みなさまへの
全プレになっちゃったりして・・・。

いただいた個人情報は大切に保管し
トコトワからの案内以外には使用いたしません。
ご了解下さい。

結果は発送(1月下旬)をもって発表に代えさせていただきます。
もちろんブログにて発送しましたよーってな
書き込みはさせていただきますね♪

お忙しいとは思いますが
どうぞ皆様応募してくださいね。
あんまり少ないと新年早々寂しいから。
(と弱気でネダッテミル手法は今年も変わらず…)

ということで長々とお読みくださりありがとうございました。

改めまして
本年もどうぞよろしくお願いいたします。



| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

太陽のやり方を追いかける

本日29日中しか読めない(翌日には内容が変わる)ので

もし29日に遊びに来てくれた方で関心持たれた方はコチラ(今日のダーリン)をどうぞ。

「人間は納得のいかないことは本気でやらない」とか「敵と分類して叩きあいするよりも手を結び力を合わせた方がずっと大きなことが実現する」(←正確な引用ではなくちょっとまとめて書きました)とか

とても大切なことが書かれてあります。

「太陽のやり方」を追いかけてみよう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

ぐぐっと来ました!

「自分の楽しいと思えることを形にする、それに信念を持つ。」

(8月23日桂春蝶さんブログ「Rock in Japan Fes」より)

私もがんばるぅ~♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

再び会った言葉

中学生の頃だったか
その頃なりに衝撃を受けた茨木のり子さんの詩。

何十年の時を経て
私のところへやってきた。
どすんと大きな音を立てて。
頭打たれまくり。


「自分の感受性くらい」茨木のり子

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧