カテゴリー「M 水の話」の記事

水の話

リクエストがあったので
このブログとは少し路線が異なりますが書きます。
興味ない方はごめんなさい。遠慮なくパスしてください。

水。大阪の中津に住んでいた頃は恵まれておりました。
近くに健康に気遣うビルのオーナーさんがいらっしゃって
甲賀の山奥から水を
わざわざ自前のトラックで運んでらしたものを
安く譲っていただいたり
(でもやがて事情があり運べなくなるのですが)

大家さん(酒屋さん)が
業務用の逆浸透膜の浄水器をとりつけてらしたので
いつも大量のお水をありがたく頂戴しておりました。

その逆浸透膜で濾過する浄水器は
なんでもNASAで開発された技術らしく
不純物がほとんどない純水。
いつか自分の家でも取り付けたいと思うくらい
(今でも思っているくらい)
ニュートラルな水と安心しながら飲んでいましたが
機械はかなりの高額。
家庭用のもの、ちゃんと調べたことはありませんが
大家さんのところの業務用は
100万円ほどだったと記憶しています(あやふや記憶です)。

その浄水器の会社名は不明なので申し訳ないのですが
(関心のある方は自力でお調べのほど)
水の純度を測る機械というものも二つありました。

ひとつは純度が数値で現れ
もうひとつは水に電気を通し時間を置くと
水が電解されてゆき
目に見えなかった不純物が
ちょっと恐ろしいまでにヘドロ化して出てくるのです。

その大家さんとこ(酒屋兼立ち呑み屋さん)のお客さんたちは
次々と自信たっぷりに
「我が家の高価で素晴らしい浄水器で作った体によい水」を
持ち込まれました。
「うちの水は旨い!」と。

各種のミネラルウォーターもしかりです。
ミネラルウォーターは純度高しというより色々ミネラルが入っており
数値が高いのは推して知るべしでしたが

ちょっと昔の話なので数字が定かではありませんが

普通の水道水の数値が100前後に対して
ミネラルウォーターは200近くとか
ぐんと水道水の上を行っていたと思います。

そして皆様のお宅の浄水。

ほとんどが普通の水道水と数値は変わりませんでした。
だいたい90~110の範囲という感じで。

反してその逆浸透膜で濾過した浄水の数値は
一桁だったのです。

その会社が開発した機械だから
その会社の浄水には
そんな数値が出るような仕掛けになっているのでしょうか?
それは私にはわかりません。知る由もありません。

それにしても電解する方の機械で
透明な水から現れる茶色いモロモロとしたものは衝撃的でした。
30~40万もする浄水器をお持ちの皆様、呆然の連続でした。

そんな水はやっぱり飲みたくないと
自然に思ってしまうようなモロモロでした。

京都に越してきて
浄水器をつけるお金もなく
今はミネラルウォーターを購入しています。

どんどんと消費するペットボトルの量に罪悪感がつのります。
お金だって費やしているなあと思います。

もちろん水道水も飲みます。煮沸したりお茶として煮出したり。

お水を汲みに行ける場所もいくつか京都にはあるようですね。
行きたいな。
でも車もないし時間や労力の関係で
一度も汲みにいったことはありません。

ミネラルウォーターも今現在の値段なら買えますが
もし将来的に2リットル1万円とかになっても買い続けるのでしょうか。
わかりませんが、
その頃になってもそんな高額な水を
毎日飲む量を買う経済力は多分持ち合わせていないでしょう。

その時水道水はもっとえらいまずいことになっているのでしょうか。

世界的に見ても日本の水・水道水環境はトップクラスのはず。
フランスに一時住んでいたときも
最初は水道水を全く飲みませんでしたが
レストランでも水道水持ってきてと言えば持って来てくれるし
どんどん慣れて飲んでいました。お腹もこわしませんでした。

今もそうです。
買ったお水も飲みますが
水道水そのまんまも飲み料理にも使っています。

人間の体の順応性もあなどれないと思ったりしています。

言いたい事は
人の体はほぼお水で出来ているので
お水を大切と考えて自分なりにお金をかけるもよしですが
お金をかけない方法もありでしょう。

毎日飲むものだから
自分が家族が続けられる気持ちのよい方法をとるしかないのでは?
そして
いつまでもなんとか水道水でも飲めるぞ!というお水を守る為に
何が出来るのか、小さな事でもコツコツと皆がやるしかない。
そう思ってます。

人の体はお水でほとんど出来ているけれど
空気だってそうですよね。

毎日というより刻一刻と必要としている空気のために
少しでも空気がきれいなところへ越す人もいれば
越せない事情の人もいる。

でも生きていく。生きていけている。
空気はずっと体に取り込んでいる。

ならば少しでもいつまでも戸外を歩く時に
マスクもせずに歩いていられる
そんな空気がこの地球上にいつまでもあるように
何か出来る事を少しでもやる。

それしかないのではないでしょうか?

結論:毎日のことなので自分の気が済むやり方をとってください。

どうでしょう。パツキン様。
明解でしたでしょうか?どーでもよかったような内容でしょうか。

重箱の隅をつつくようなコメントだけはご遠慮下さい。

それからコメントは出来れば夜中でなくて日中に書いてくださいね!

読んだ感想、何か別のご意見、私はこうしているよってのがあれば
パツキン様 他の皆様
私にもどうぞ教えてくださいませ。

長々とお読み下さった皆様ありがとうございます。
また後日水に関して「ふろく」「おまけ」的なコトをもう少し書きます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|